印鑑の紛失

イメージ画像

私は、印鑑にデザインが存在することすら分かりませんでした。実印イコール凄い意味を持つ印鑑ぐらいの知識です。印鑑を知らなくても、暮らしていけますからね。

私よりもっと凄く印鑑の知識が無い人がいました。その人は、私の姉です。私よりも年上なのに全然分かっていません。姉が銀行印を紛失しましたが、特に届出もしなくて2年ぐらい経ってから通帳を解約しに行った時に、注意されたそうです。

姉は、銀行印を無くしても普段はキャッシュカードしか使わないので大丈夫と思っていたそうです。
確かに姉の言う通りです。でも銀行印で悪用されたり、通帳と一緒だったら預金を引き出されていた可能性もあったので考えると怖いことです。姉は、通帳は作った時以外、記帳もしていません。持って歩くのが面倒と言いますが、私だってそうです。他の方も全員面倒ですよね。姉は、自分に良いように物事を考えるので困ります。

銀行印をなくして姉は、1個も印鑑を持たなくなってしまいました。私が、「そろそろ実印や銀行印のセット購入した方がいいんじゃない?」と言ったら、じゃあ買って来て、何でもいいからと言って私に1000円渡しました。間違えたのかと思って、言ったら「えっ?足りないの?」と言われて開いた口が塞がりませんでした。

ネットでいろいろなサイトを見せたら、姉が好みの印鑑のデザインがあって、姉が「これ注文して」と言ったので注文しました。値段見たか分かりませんが、姉が選んだ実印と銀行印のセットは2万ぐらいでした。

このページの先頭へ