印鑑登録していない実印?

イメージ画像

実印は、買う実印より作る実印の方が自分の印鑑と認識しますよね。

そもそも実印とは…住民登録をしている役所に、印鑑を登録申請して受理された印鑑の事をいいますよね。印鑑登録をしていなければ実印と呼べないということですが、私の友人は印鑑登録をしていないのに自分は実印を持っていると言い張っている人がいます。

よくよく友人の話しを聞くと、友人はハンコ屋さんで印鑑の三点セットを購入したそうです。その三点が実印・銀行印・認印だったから実印を持っていると言っていました。友人は、印鑑登録をした印鑑を実印と思っていません。ハンコ屋さんで実印と言われて買ったから実印と言い張っています。

何回教えても、理解してくれないので私も他の友人も言うのを諦めました。本人が気づくのを待つしかないからです。半年後にようやく友人は実印の意味を把握してくれました。やはり実践の方が分かりやすいのですかね?

友人が車を購入する時に、次来る時に印鑑証明もって来て下さいと言われたそうです。そこの車屋さんはとても親切な人だったと思います。友人の話しを最後まで聞いてくれてアドバイスしてくれたそうですからね。友人が、せっかく実印作っても印鑑登録しないと実印と言わないんだねと言っていました。私と違う友人は、ようやく理解してくれたと内心ほっとしました。

でも、三十近い男が分からなかったのには笑えました。本人も今になって恥ずかしいと言っています。ある意味、車購入で勉強したことになりますよね。

このページの先頭へ